22歳全盲の猫は15年ぶりに河原のシロツメグサの中を歩く

気温19度、やや風強く晴れているものの雲が太陽を包み隠していました。 少し肌寒い中チョキは意外にも元気に歩き回りました。 寒さは危険だということで今日も早めに切り上げましたが、チョキはおにゃんぽに慣れてきたかもしれません。

おすすめ

私たちくろけん&maoiはただの猫好きイラストレーターで猫の専門家ではありません。ここに書かれていることはあくまでも個人的な見解で決して正しいという意味を持ったものではなく、読まれる皆さんがそれぞれの判断で考えていただきたいと思います。私たちは難しい問題や複雑な問題もできるだけ楽しめるようなエンターテイメントとして表現してゆきますので、ご理解ください。