歩けなかった老ネコにはお散歩が気力アップになりました

ひさびさのおにゃんぽです。というのもこの前連れて行ったときには、チョキさんおネムで一度も歩くことはありませんでした。家ではゆっくりですが歩くようになったので、歩けない訳ではないのです。
今回もたったの5分だけですが、好奇心も出てきたようでウロウロと歩きました。親バカ、飼い主バカの私たちは大喜びでした。チョキは21歳の夏に緑内障を患い全盲になりました。瞳は全面緑のミラーのような状態で、白っぽく見えるときには白っぽいものを映しているのです。目が見えなくなって歩くことが減ってきたせいか、ある日突然歩行困難になったのですが、食事、薬、運動、マッサージを施して、今まさに戦っているところです。

おすすめ

私たちくろけん&maoiはただの猫好きイラストレーターで猫の専門家ではありません。ここに書かれていることはあくまでも個人的な見解で決して正しいという意味を持ったものではなく、読まれる皆さんがそれぞれの判断で考えていただきたいと思います。私たちは難しい問題や複雑な問題もできるだけ楽しめるようなエンターテイメントとして表現してゆきますので、ご理解ください。