22歳全盲の猫の病院通いはストレスとの戦いです

腎臓や貧血などの数値がレッドゾーンに入ってから1週間から10日おきの血液検査に通いますが、病院に行くたびに高齢のチョキはショックを受けて寝込んでしまいます。
今回は先生と相談して待ち時間の無い時間帯に検査を始めて、終了したら速やかにチョキを自宅に連れて帰るという計画を練りました。

おすすめ

私たちくろけん&maoiはただの猫好きイラストレーターで猫の専門家ではありません。ここに書かれていることはあくまでも個人的な見解で決して正しいという意味を持ったものではなく、読まれる皆さんがそれぞれの判断で考えていただきたいと思います。私たちは難しい問題や複雑な問題もできるだけ楽しめるようなエンターテイメントとして表現してゆきますので、ご理解ください。