22歳で盲目の猫の自宅で投薬&注射で少し回復

22歳の猫にとってはちょっとした事が一大事につながる事があって、気を抜く事は出来ません。今回も貧血で歩く事が出来ず、それにつれて食事をとれずに体力が低下し、さらに歩く気力も無くなってゆくというような悪循環に入ってしまいましたが、どこかの部分を改善して悪い連鎖を食い止めなければなりません。そこでまずは食べる事を重点にして、薬の投与でなんとか復活への道を切り開きたいと思います。

おすすめ

私たちくろけん&maoiはただの猫好きイラストレーターで猫の専門家ではありません。ここに書かれていることはあくまでも個人的な見解で決して正しいという意味を持ったものではなく、読まれる皆さんがそれぞれの判断で考えていただきたいと思います。私たちは難しい問題や複雑な問題もできるだけ楽しめるようなエンターテイメントとして表現してゆきますので、ご理解ください。