歩けなくなった盲目のねこに歩行の補助をする飼い主

ある日急にチョキの足が悪くなり、歩くことが困難になりました。 原因は不明ですが足に力が入らないようです。食事やトイレにも自力では行けないため、夫婦で手分けしながらちょっと宙に浮かせて手伝うようになりました。
人によってはそんな姿を醜い、汚いと思うかもしれませんが、我々は22年もの間生活をともにした仲間ですから、ちっとも違和感などありません。
すぐにあきらめず、また歩けるようになるようにできるだけチョキには歩いているような感覚を持たせて介護したいと思います。 年を取ることは醜くありませんよ。むしろよく見ると美しいです。

おすすめ

私たちくろけん&maoiはただの猫好きイラストレーターで猫の専門家ではありません。ここに書かれていることはあくまでも個人的な見解で決して正しいという意味を持ったものではなく、読まれる皆さんがそれぞれの判断で考えていただきたいと思います。私たちは難しい問題や複雑な問題もできるだけ楽しめるようなエンターテイメントとして表現してゆきますので、ご理解ください。